FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経口憑依2

【経口憑依2】

 ――女の体を乗っ憑ったオレは、そのまま脇の林の中にもぐりこんだ。
 この街はまだまだ田舎で、大きな通りのすぐ側に森や林があたり前のように残っている。
 何にも使われていない、ただ木々が、文字通り林立する自然の園だ。

002a.jpg

 憑依した後、たいていの場合、オレはこういった林の中で事を進める。
 もちろんこれが危険であることは承知している。実際には、使える空き家のようなものだって把握している。それでもオレは枯れ落ちた紅葉を踏んで林に分け入った。

 なぜか――答えは簡単だ。

続きを読む

経口憑依1

【経口憑依1】

秋だ。
空気が冷え、木々が紅く染まりはじめ、少しずつ世界が静まっていく。
オレは秋が嫌いだ――ろくな思い出がない。
本当なら家でじっとしていたいのだけど、そういうこともできない。フワフワと漂うように街を彷徨う――

――ふと、少女を見つけた。

001a.jpg

散歩でもしているのだろう彼女は、
あまりに楽しそうで、
あまりに幸せそうだった。

続きを読む

プロフィール

フカミオトハ(長老ぽかみ)

Author:フカミオトハ(長老ぽかみ)
長老、あるいはフカミオトハです。
小説を書いたり絵を描いたりします。お屋敷ではTSFとか色々やります。
倉庫ではふつうの小説をふつうに公開しているのでこちらもどうぞ。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。